アトピーに悩まされる子供を救うなら症状に合った改善方法を探そう

大人とは違う!アトピー肌は栄養管理とスキンケアで対策が可能

アトピーの基礎知識

アトピーって何?

かゆみ

子供から大人までたくさんの人が悩んでいるアトピー肌ですが、そもそもアトピーとは何なのでしょうか。アトピーとは、赤みを帯びた湿疹が長く続く症状のことを指し、強い痒みを伴います。症状が出た部分の皮膚は、カサカサと乾燥し、ゴワつくような堅い肌になったり、反対にジュクジュクと湿り気を帯びたりすることもあります。症状が治まってもまたすぐに繰り返し、湿疹は、体の左右対称に出ることも特徴です。顔や首まわり、手足の関節部分に多く発症します。

子供と大人で変わるアトピーの症状

幼児・小児期
アトピーは強い痒みを伴うため、赤ちゃんや子供が皮膚を掻き破ってしまうことが多くあり、掻かないようにさせることに苦労する親御さんが多く見られます。顔周辺の皮膚の場合は、掻き破ることで滲出液が出て、患部がジュクジュクとした状態になることや、耳たぶの付け根が切れる「耳切れ」と呼ばれる症状が出ることもあります。反対に、体や手足などはカサカサと乾燥し、白い粉をふいたように見える場合もあります。乳幼児や子供の場合、毛穴に詰まった汚れや脂などが毛穴を炎症させることで起こる「脂漏性湿疹」がもとで、アトピーが誘発されるのでは?という研究に進められています。寝ている間、無意識に患部を掻いてしまって、朝起きたら皮膚症状がひどくなっていることもあります。
成人期
アトピーの症状は、大人になるにつれ、季節や体調、食事や生活習慣などにより少しずつ変化するようになります。子供の頃はアトピーが全身症状であったものが、首から上など顔回りを中心に見られることが多くなるのも特徴です。長期間のアトピー症状により、皮膚が堅くなったり、乾燥や掻き破りが続くことによって肌のキメが荒くなり、シワになったりすることも多くあります。また、掻き破ることの繰り返しや、薬を長期間塗布することによって、赤黒く色素沈着してしまうこともあります。赤ちゃんや子供の頃よりも、痒みに対して自分の行動をコントロールすることが可能にはなりますが、美容面での変化が現れるので、女性は特に悩まされる人が多くいます。

アトピーを引き起こす原因

多くの人を悩ませるアトピーは、一体何が原因なのでしょうか。原因は1つだけというわけではなく、複数が重なっている場合がほとんどです。

子供と成人で異なるアトピーの原因

子供
アトピーを起こす原因を突き止めることは非常に難しいものですが、子供のアトピーは、食べ物が原因である場合が多いとも言われています。遺伝やアレルギーなど複合的な理由がある場合が多いので、医療機関で血液検査や皮膚テストをして、何に反応をしているかをきちんと突き止めておくことをおすすめします。また、赤ちゃんの場合は特に、皮膚のバリア機能が弱いために、食べ物やよだれなど、少しの刺激で敏感に反応してしまうことも少なくありません。
成人
子供のアトピーが成長に伴って、皮膚や体の機能が整い、症状が軽くなったり、変化したりするのに対し、大人の場合は体の機能が整った上でもなお発症しているため、アトピーの自然治癒の可能性が低いという特徴があります。また、子供の頃からアトピーを発症している人の場合、原因となるアレルギーやその他の原因のほかに、大気汚染や食生活、住環境、ストレスなどが加わることでより症状がひどくなってしまうことがあるのも特徴です。

まとめ

近年の大気汚染や日用品、食品などに添加される物質の増加、住環境の変化などにより、私たちの暮らしは、刺激を受ける場面が以前よりも増えています。そのことがアトピーを発症させ、また症状をこじらせたり、長引かせたりする原因になっているとされています。成長するにしたがって、身体の機能的な要因は減少しても、環境的な要因が増えるという現象が起きています。

子供向け~アトピーの症状を改善する方法~

食事に気を付ける

ビタミンやミネラルが豊富な食品【皮膚の健康を維持】
アトピーの症状改善のためには、食生活の見直しをする必要があります。強くしなやかな皮膚を作るのに役立つビタミンやミネラルを積極的に摂取するように心がけましょう。緑黄色野菜やわかめなどの海藻類がおすすめです。また、主食となる白米も玄米に変えてミネラルをアップさせたり、植物性の油に変えたりするなどの工夫も有効です。
腸内環境を整える食品【免疫機能の向上】
免疫機能を高めるには、腸内環境を整え、悪玉菌を減らして善玉菌を増やすようにしましょう。善玉菌を増やす食品としては、ヨーグルトやチーズ、みそやキムチ、納豆や漬物などの発酵食品がおすすめです。また、老廃物の排出も重要なので、豆類や海藻、きのこ類など食物繊維を多く含んだ食品も意識して摂るようにしましょう。

お風呂の効果

代謝を上げる
入浴で代謝を高めると、老廃物や体の中に溜まった化学物質などが体の外に排出されやすくなります。また、代謝が上がると皮膚の再生サイクルも上がるため、アトピー肌の改善にもつながります。乾燥はアトピーを進行させる原因にもなります。入浴後は必ずすぐに保湿するようにしましょう。また、お湯の温度が熱すぎると乾燥しやすく、肌の刺激にもなってしまうため注意しましょう。
体温を上げてヒートショックプロテインを生成
38~39℃のぬるめのお湯に30分ほど浸かり、体を温めることで生成されるたんぱく質を「ヒートショックプロテイン」と言います。このたんぱく質は、傷付いたり弱ったりした細胞の修復し、正常な状態へ戻すことをサポートするとされています。ヒートショックプロテインの生成は、42℃で最大になりますが、熱すぎるお湯はアトピー肌には刺激になるので避けましょう。
TOPボタン